左にMENUを表示する 上にMENUを表示する
 <<当サイトをご覧の皆様へ

   JavaScript とは?>>JavaScript の設定方法

JavaScript とはもともと、Netscape 社の WWW ブラウザ Netscape Navigator 用に開発されたスクリプト言語で、ブラウザの機能をアップし、動きのあるビジュアルなウェブページを表現したり、通常の HTML だけでは表現しきれないコンテンツを作成・閲覧するための拡張機能のひとつです。当初は LiveScript と呼ばれていましたが、Netscape 社が Java の開発元である Sun Microsystems 社と協力関係にあったこともあり、Java の影響で JavaScript と名称をを変更しました。(但し JavaScript は、言語構造に Java と似たところはありますが、Java とは全く別のプログラム言語です。) 最近では、ほとんどのウェブサイトに JavaScript が使用されていると言えるほど普及し、Netscape (Navigator)、 Internet Explorer、Opera、Mozilla など主要なブラウザがデフォルトでサポートしてます。

当サイトでは、各ページを出来るだけ便利にご覧頂くために、多くのページで JavaScript を利用しておりますので、
  • 広告の別ウィンドウを表示させないため
  • セキュリティー上、普段 JavaScript の実行を禁止するため
  • いわゆる「ブラウザ クラッシャ」の被害を避けるため
等の理由から、JavaScript を無効に設定されている場合もあることを考慮し、トップページを表示する際に、JavaScript が無効な場合のみ以下のメッセージを表示しております。
ご利用のブラウザはJavaScriptが無効です。
JavaScriptを有効にしてからご覧下さい。
参考:Javascript の設定方法
JavaScriptを無効のままでご覧になると
ページによって正しく表示されないことや
ページ移動処理等の出来ない場合が
ありますのでご注意ください。

Javascript の使用について

トップページ右側空白部分に上記のメッセージが表示されない場合は、JavaScript が有効です。そのまま各ページをご覧下さい。


JavaScript 有効・無効について

ブラウザの JavaScript を有効・無効にするとは、以下の処理をブラウザに施すために、設定を切り替えることを言います。
1. 有効(オン)のときは、ブラウザは JavaScript 言語を実行する。
2. 無効(オフ)のときは、ブラウザは JavaScript 言語を無視する。


また、会社や学校では、管理者等がJavaScript の有効/無効を切り替えている場合もありますので、その際は管理者までお問い合わせ下さい。

各ブラウザの JavaScript を有効にする設定は、JavaScript の設定方法 を参考にするか、
ご利用のブラウザのヘルプをご参照下さい。

 <<当サイトをご覧の皆様へ